Дом. Дым. Дом
Home. Smoke. Home.
ドム・ディム ・ドム
 

Art exhibition at
Tokyo University of Foreign Studies
16 May 2022 - 17 June 2022

Home is always at the center of any war.

It is attacked and has to be defended if you are on the defensive side. It can be destroyed and lost at any moment.

If an aggressive war is being waged on your behalf and you are against it with all your might, your home can no longer be a place of guaranteed security. It becomes an illusion of protection.

When you move from one culture to another, “home” gradually becomes an intangible concept and, like a constructor, built from previous experiences.


 

We want to hold this exhibition on the basis of TUFS, involving university students in the process of preparing the exhibition, so that students studying linguistics, culture of different countries at this historical moment can not only learn about the Russian war against Ukraine from the media, but also feel how artists from Ukraine, Israel, Russia, Belarus and Japan comprehend this conflict through art; through the study of Home - a universal concept for any culture.

戦争の中心には、いつも「家」がある。

攻撃される側になれば、人々はその家を守ることになる。家はいつ破壊され、失われてもおかしくない。

攻撃する側の立場に置かれ、自分がその戦争に全面的に反対するならば、家はもはやこれまでの
「安全が保障された場所」ではなくなる。家は、人々を守るように見せかけていた幻想物と化すのだ。

ある文化圏から別の文化圏に移動すると、「家」という概念は次第に形を持たなくなる。
そして人々は、これまでの自身の経験から、自らの手で家という概念を再構築する。

本展覧会は、歴史的瞬間ともいえる今このときに言語や各国の文化を学ぶ学生たちに向けて、
ここ東京外国語大学で開催される。展示準備の段階では学生たちと一緒に準備を進めてきた。

ロシアの対ウクライナ戦争についてメディアから情報を得るだけでなく、ウクライナ、イスラエル、ロシア、ベラルーシ、日本のアーティストたちが芸術を通してこの紛争をどう理解しているのか、どの文化にも共通する「家」という概念をどう捉えたのか、ぜひ感じとってほしい。